• ホーム
  • 庭木の剪定は誰でも出来る
  • あなただからできる理想の剪定
  • 新しい発想の剪定メソッドです

パソコン用学習ソフト この2本で剪定を完全マスター!

玉崎弘志の剪定教室 基本編

  • 概要
  • 初級
  • 中級
  • 上級

玉崎弘志の剪定教室 花木編

  • 概要
  • 基礎
  • 応用
  • 樹形一覧

松の剪定と仕立て直しをDVDでマスター!

DVD 玉崎弘志の松の剪定と仕立て直し教室

  • 私もオススメします
  • お客様の声
  • Q&A よくあるご質問

ソフトの内容を動画で見る


購入フォーム amazonで購入する 楽天で購入する

でも購入ができます。


  • 時期の剪定情報
  • その他のガーデニング情報
  • 関連サイト
  • ユーザー登録フォーム

春に花を咲かせるために

こんにちは、庭木の剪定ドットコムです。

いよいよ剪定の適期になりましたね! 学習ソフトのユーザーの皆さまは、今頃冬の時期が剪定の適期となる我が家の庭木の「樹形」と「大きさ」を意識した剪定に挑戦していることと思います。

右の写真は、剪定に初挑戦しようとしているユーザーの方から、11月上旬頃に届いたウメの写真です。

『さぁ剪定するゾ!』と、先ずは「切り戻し剪定」を始めようと思ったそうですが、いざウメの木を前にして、″何処をどうしたらいいの!?″と困り果ててしまったようです。



さあ!!皆さんは先輩として、どうアドバイスしますか?

11月~2月頃が剪定の適期となる庭木は、紅葉が終わる頃から葉を落として休眠期に入ります。(剪定ソフト:基本編の常緑樹と落葉樹の生育サイクルと剪定の適期をもう一度思い出してください) 休眠期に入ると枝の流れが良く見えるので、来年の春のイメージをもって「切り戻し剪定」と「透かし剪定」が迷わずにできますね。

右の写真は、葉の落ちた同じウメの木です。

皆さん如何ですか?夏の終わりころの、葉で覆われていた時には見えなかった無数の小枝がよく見えるようになりました。これだけ沢山の小枝が隠れていたのですね。

ウメは春咲き花木ですので、本来冬は剪定の適期ではありませんね!
と思ったユーザーの方がいましたら、学習ソフトの花木編、生育のサイクルと剪定の適期を復習してください)

葉が落ちた写真を見ると、剪定ソフトで繰り返し玉崎先生が話している『枝の流れを確認して剪定しましょう!』の意味が良くわかりますね。

このウメの木は、作業しやすいように大きさのコントロールはできているようですが、数年前に太い枝をブツ切りしたということで、その後、勢いの良い枝が沢山発生してしまったようです。

徒長した枝の先端の剪定はおこなわれているようですが、昨年ころから花の付き方が少なくなり、楽しみにしていた実の収穫も随分と減ってしまったようです。

ユーザーの皆さんは、今年、このウメの木をどの様に剪定したら良いと思いますか?

ポイント!
『剪定は、庭木を健康に育てること』=「切り戻し剪定」と「透かし剪定」によって、日差しを幹の内部まで届ける!です。

花芽が付きにくくなった原因は、庭木が植えられている環境の影響もありますが、このケースの場合は、まず、込み合っている枝を間引いて、日が幹の内部にまで届くようにすることが先決です。剪定のイラストをよく見て、日が差し込むイメージをもって剪定してみてくださいね。

これから一番寒い季節になります。暖かくして作業に当たってくださいね。

このページが参考になったらソーシャルメディアで共有できます。

logo-hatena
logo-pocket
logo-line