梅(ウメ)の剪定時期とワンポイントアドバイス

この記事の目次

こんにちは、庭木の剪定ドットコムです。

今回は梅の性質と剪定時期についてお話ししたいと思います。

梅の性質

梅

早春に、春の香りを運んでくれた梅には、花を観賞する「花梅」と、実を収穫する「実梅」、「枝垂れ梅」など、たくさんの品種がありますね。

梅には、枝が勢い良く伸びる性質があります。
この樹形は見なれた梅の姿ですね。

勢い良く枝が伸びる分、放任していると樹形も暴れて、どんどん大きく育っていきます。
今は(7月頃)、そろそろ樹形つくりのための、花後剪定が終わる頃ですね。
勢い良く伸びる徒長枝の剪定はできましたか?

徒長枝には花芽は付きにくいですから、やみくもに切ってしまうと、翌年の樹形や花芽にも影響することがありますので、気をつけてくださいね。

実を付けるための剪定と落葉期の剪定

また梅は、花が終わると実が楽しみな花木ですね。
実を付けたいと思うと、どう剪定したらよいのか困ります。

実は、梅雨時の6月ころから成りだします。
花後の剪定が不十分だった場合は、実の収穫直後に夏期剪定をすると良いでしょう。

夏期剪定では、樹形つくりの剪定というより、翌年の花付を良くするために、下の枝に日が当たることを意識して、徒長枝などの不要枝を切り取るようにしましょう。

落葉期に樹形が乱れているようでしたら、11月頃から2月頃に軽い剪定をすると良いでしょう。

松の樹形
梅の花

適切に剪定できれば、こんなにきれいに花を咲かせることができます

シダレウメの剪定について動画

今回のまとめ

今回のお話しをまとめると、

  • 梅は徒長枝が勢い良く伸びる性質があります。
  • 梅の剪定時期は花後1ヶ月頃、花後の剪定が不十分だった場合は、実の収穫直後に夏期剪定をすると良いでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

梅に関するその他の記事はこちら

© 2020 庭木の剪定ドットコム

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断掲載を禁じます。全ての著作権は株式会社アイ・アンド・プラスに帰属します。