シマトネリコの剪定を動画でご紹介(2)

この記事の目次

■字幕

仕立て直しをしてから全体を見て、細かいところを剪定していきます
シュロ縄を使って枝を引いていきます
縄を結ぶ位置は、なるべく目立たないところにします
とめておくと自然に樹形が変わってきます
下がって全体を見ます
これで骨格ができました
細かいところで枝が重なり合っていますので、透かし剪定をしていきます
透かし剪定をすることで葉にまんべんなく日を当てることを目的としています
切る時は、ブツ切りにしないように注意します
迷ったら剪定せずに様子を見て、混み合ってくるようであれば、来年の剪定の時期に切るようにします
全体的にスッキリして、株立ちの足元もキレイになり風も通るようになりました

この記事は以下の記事からリンクされています

キャンペーン期間:2021年5月31日(月)まで

いっぱい練習して、誰でも剪定上手に!

いま、誰でも剪定上手になれるシンプルなメソッド学習と剪定練習のソフト
「玉崎弘志の剪定教室」ダウンロード版が

無料でお試しできます!


庭に植えた木々がいつの間にかボサボサに、、 いつも綺麗なお庭にしたいけれど、、、 庭やさんに頼んだら高いし、、、 自分で剪定するのは難しそう、、、

いいえ、どんな庭木も剪定は難しくありません!

誰でも剪定上手になれる簡単な方法があります。

①「どうして、その枝を切るのか?」を理解する
②3つの切り方を練習する

これだけで誰でも正しい剪定ができるようになります。

キャンペーン期間:2021年5月31日(月)まで

© 2021 庭木の剪定ドットコム

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断掲載を禁じます。全ての著作権は株式会社アイ・アンド・プラスに帰属します。