• ホーム
  • 庭木の剪定は誰でも出来る
  • あなただからできる理想の剪定
  • 新しい発想の剪定メソッドです

パソコン用学習ソフト この2本で剪定を完全マスター!

玉崎弘志の剪定教室 基本編

  • 概要
  • 初級
  • 中級
  • 上級

玉崎弘志の剪定教室 花木編

  • 概要
  • 基礎
  • 応用
  • 樹形一覧
  • 私もオススメします
  • お客様の声
  • Q&A よくあるご質問

ソフトの内容を動画で見る


  • その他のガーデニング情報
  • 関連サイト
  • ユーザー登録フォーム

【秋の実りを楽しむ夏の作業:摘果(カキ編)】

柿の木柿の木

カキの剪定や作業についてのご質問をいただきますので、夏に行なっておくと秋により大きい実の収穫が期待できる摘果をご紹介します。

カキの木の下に、小さな実が幾つも落ちていることがあります。カキは、自分で枝に付ける実の量を調整する性質があります。生理落果と言われ、7月の上旬頃までに終わります。今頃は実も大きくなり始めていますが、余り重なって実が付いているようでしたら、その中の小さめの実や傷ついている実などは摘果するようにします。


柿の実柿の実

一枝に沢山の実を付けたままにしておくと、全ての実が栄養を必要とするために栄養が分散されて、一つ一つが小さな実になってしまいます。

「葉の枚数が15〜20枚程度に一つの実」が理想だそうです。8月の中旬頃まででしたら摘果ができますので、今年こそは大きな実を収穫したい!と思っている方は試してみてください。

柿の剪定・剪定時期についてはこちら

このページが参考になったらソーシャルメディアで共有できます。

logo-hatena
logo-pocket
logo-line