シマトネリコの特徴と剪定 ワンポイントアドバイス

この記事の目次

こんにちは、庭木の剪定ドットコムです。

今回はシンボルツリーとして大人気のシマトネリコの特徴や剪定方法、剪定時期についてお話ししたいと思います。
大きくボサボサになってしまう前に、適切に剪定してすっきりとしたお庭を維持しましょう。

シマトネリコの特徴

シマトネリコは、明るい葉と、さらさらとした枝葉がシンボルツリーとして大人気の常緑広葉樹です。

放任していると、1年に50〜60cmほど伸びる性質があるので、アッという間にボサボサになってしまいます。
もともと10m以上に生長する樹木ですので、庭に植えた場合は大きさをコントロールする剪定が欠かせません。

放任していると20m以上にシマトネリコは生長する
放任していると20m以上に生長
枝葉が茂ってボサボサに
枝葉が茂ってボサボサに

大きくボサボサになってしまう前に剪定をして大きさをコントロールしましょう。きれいな樹形で、いつも素敵なお庭でいたいですよね。

シマトネリコの剪定時期

剪定は、11月頃から3月頃(芽吹き前の3月、4月頃)が適期ですが、初夏の6月頃〜でも剪定が可能です。(真冬を除く)

混みあった枝先を間引くことによって風通しを良くすると、さらさらとした樹形がつくれるだけでなく、病害虫の予防にもなります。

シマトネリコの剪定方法とポイント

シマトネリコの清涼感は、枝葉が茂りすぎると失われてしまいますので、毎年切り戻し剪定をして、枝を間引いてさらさら感のある樹形を保つようにします。

特に株立ち樹形では、株立ちの足元の下枝は切り落として幹を見せるようにします。

■シマトネリコの剪定方法とポイント
剪定のポイント1

1)全体を見てこの大きさにしようと思うところで樹冠ラインをイメージしましょう。
2)中の方の混みあった枝から不要枝を切ります。
3)真ん中の強い枝を小枝のある位で切ります。

剪定のポイント2

切って残した枝の太さを揃えるようにし、枝の勢いがそろうように剪定すると良いでしょう。

剪定のポイント3

剪定後の枝先がイメージした樹冠ラインをつくるようにします。

シマトネリコの剪定に関するまとめ

シマトネリコの剪定に関してまとめると、

  • 1年に50〜60cmほど伸びる性質があるので、毎年必ず剪定すること
  • 剪定時期は、11月頃から3月頃(芽吹き前の3月、4月頃)ですが、初夏の6月頃〜でも剪定が可能です。(真冬を除く)
  • 毎年切り戻し剪定をして、枝を間引いてさらさら感のある樹形を保つように

すると良いでしょう。

シマトネリコの剪定は実は簡単で、1本立ちも株立ちも基本的な3つの切り方を覚えてしまえば、誰でも出来るようになります。
ぜひ、剪定を楽しんでくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シマトネリコに関するその他の記事はこちら


本当に庭木の剪定が出来る!

 

シマトネリコの剪定は、剪定の学習・練習ソフト「玉崎弘志の剪定教室」基本編だけで迷わず正しくできるようになります。

© 2020 庭木の剪定ドットコム

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断掲載を禁じます。全ての著作権は株式会社アイ・アンド・プラスに帰属します。