剪定の失敗例

この記事の目次

こんにちは、庭木の剪定ドットコムです。

多くの落葉樹は、冬の休眠期が剪定の時期になります。
しかし、剪定の方法を間違えてしまうと大変残念な見栄えになってしまいます。
今日はそんな剪定の失敗例をクイズ形式でお見せしたいと思います。

Q1:これらの木は何の木でしょうか?

モミジ
モミジ
モミジ
モミジ

両方ともモミジ(もみじ)でした。

切り戻し剪定を知っていればこんな姿にはならなかったと思うのですが、はなんともさみしい姿に、
そして間違った剪定をした結果、右のモミジはかえってぼさぼさになってしまいました。

切り戻し剪定が上手にできると、こんなすっきりとした樹形が造れるようになりますよ。

玉崎先生が剪定したモミジ

モミジ

Q2:この木は何の木でしょうか?

シモクレン

正解は、
シモクレン(紫木蓮)でした。
これも剪定の仕方を間違えてしまい、残念な姿になってしまった例です。
本来なら、、、

シモクレンの剪定

このような樹形になるのが理想ですよね。

Q3:この木は何の木でしょうか?

ウメ徒長枝

正解は、

ウメでした。

花木は、適期に剪定しても花芽が付かないことがあります。
それは剪定の方法を間違えてしまったからです。
本来なら、、、

ウメ

これくらい花を咲かせてほしいですよね。

今回のまとめ

今回は、剪定の仕方を間違えてしまい大変残念な結果になってしまった例をいくつかご紹介させていただきました。
剪定は、樹木や花木それぞれの適期に、剪定の基本に沿って行いましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。


剪定は誰でもできます!

 

世界一シンプルで、身につく剪定レッスン!
PC用学習ソフト「玉崎弘志の剪定教室」で
あなたも剪定をマスターしませんか?

© 2020 庭木の剪定ドットコム

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断掲載を禁じます。全ての著作権は株式会社アイ・アンド・プラスに帰属します。