【夏咲き花木の生育サイクル】 学習ソフト「玉崎弘志の剪定教室 花木編」から

この記事の目次

■字幕
基礎のメニューから「花のサイクル/夏咲き花木」を選択します
次に、「夏咲き花木」を見てみましょう。夏に花を咲かせる ムクゲ の様子を見てみましょう
春の様子です、若葉がキレイですね
この頃、新しく伸びた枝に、花芽が付き始めました
夏の日差しになってきました
花が咲き出しました。ムクゲは、これから秋まで次々に花を咲かせていきます
晩秋です
葉も散り始め、いよいよ冬の訪れですね
冬が過ぎ、また春がやってくると新しく伸びた枝に花芽が付き、夏の日差しの中で次々に花を咲かせます
ムクゲは、この繰り返しを生育のサイクルとして成長していきます
夏咲きの花木は、ムクゲ と同じような生育サイクルを辿ります
もう一度、それぞれの生育サイクルを比べてみましょう
春に満開となった サクラ は、花が終わると若い枝を伸ばし、葉ザクラになる夏頃からその枝に花芽を付け始めます
花芽のまま冬を越して、翌年、気温の上昇と共に春の訪れを感じて開花が始まるというサイクルを辿ります
ムクゲ は、どうでしょうか
ムクゲ は、春に新しく伸びた枝に花芽を付けて、もうその年の夏に開花します
そして、また翌年の春、新しく伸びた枝に花芽をつけて夏に花芽が開花する、というサイクルを辿ります
ほとんどの「春咲き」、「夏咲き」に大別される花木は、サクラやムクゲと同じサイクルを辿ります
このサイクルから、花芽が付く時期が、わかりましたね

© 2020 庭木の剪定ドットコム

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断掲載を禁じます。全ての著作権は株式会社アイ・アンド・プラスに帰属します。