枝垂れ梅(しだれ梅)の剪定を動画でご紹介

この記事の目次

■字幕
赤矢印で指している枝が上芽から伸びた枝です。
上芽の先、赤矢印で指している部分で切ります。
シダレウメの剪定をします。
枝が上部から段々に滝が流れ落ちるようなイメージをしてください。
外芽の先で切ります。
二段目の枝については、枝元に近い位置ではなく、上部から枝が伸びてきた際に流れるようなイメージをして枝先で切ります。
枯れ枝は、無条件で切り取ります。
重なり枝(平行枝)は、元から切り取ります。
こちらの枝も枝垂れさせるために上芽の先で切ります。
別の箇所を剪定します。
先ほどと同じように滝が流れ落ちるようなイメージをしてください。
内向枝を切ります。
流れをイメージして方向が悪い枝を切ります。
枝垂れる樹形を考えると、この上芽の先で切ります。
枯れ枝も切ります。
この枝も枝垂れることを考えると、この上芽の先で切ります。
この枝も内向枝になりますので切ります。
はじめにイメージした枝の流れになりました。


こんな時だから、
ご自分で庭木の手入れをしませんか?

樹形式剪定メソッドなら、誰でも剪定をマスターできます。 「玉崎弘志の剪定教室」なら本やビデオを見ても分からなかった 「剪定」を、お茶の間で楽しくマスターできます! この冬はご自分で庭木の手入れをしませんか。


剪定の学習+練習ソフト
お試しキャンペーン 同時開催中!

© 2021 庭木の剪定ドットコム

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断掲載を禁じます。全ての著作権は株式会社アイ・アンド・プラスに帰属します。