コニファーの剪定

この記事の目次

■字幕

コニファーの剪定を行います
去年、芯の仕立て直しをして形を維持しているが、一回り小さくします
芯になる枝を選びます
脇から出ている勢い良く伸びようとする枝を選びます
新しく芯にしようとする枝の横の枝をできるだけ高さを抑えるように切り取ります
選んだ枝を立ちあげて、麻ひもなどで結んでおきます
新しく立てた芯を基にして、樹形が三角形になるように切りそろえていきます
葉をそのまま切ると、切り口が目立ってしまうので葉の流れに沿って斜めに切るようにします
下にいくほど、裾が広がるような樹形をイメージして、それぞれのところの長さを調整しながら切っていきます
全体を見ながら、樹冠ラインを確認します
空間が気になる場合は、誘引して枝の向きを調整します
芯の部分が少しボリュームがあるので調整します
コニファーの剪定が完了しました

    おうち時間が増えていますね。
    この時間を利用して、お宅のリビングで
    剪定をマスター
    しませんか?

    玉崎弘志の剪定教室の詳細はこちら

    剪定の学習ポイントはただ一つだけ!

    樹形式剪定のメソッドで「どうして、その枝を切るのか?」「どうしてその枝を切ってはいけないのか?」が分かるようになります。

    あとは画面上で枝を切って練習しましょう!

    「玉崎弘志の剪定教室」基本編には枝を切る練習を74パターンも収録、 繰り返し練習することで基本の3つの切り方がしっかりと身につきます。

    また花木編では、基本と特殊な花木の練習を行い、花や実をつけるための剪定が身につきます。

    玉崎弘志の剪定教室の詳細はこちら

    © 2022 庭木の剪定ドットコム

    このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断掲載を禁じます。全ての著作権は株式会社アイ・アンド・プラスに帰属します。