お名前 さかとともこ 様
庭木の樹種名 ベニバナトキワマンサク
植えてからの年月 4年
剪定時期 2013年1月
剪定の目的 仕立て直し(小さくする)
自慢したい点 よくぞばっさり切ったところ。
苦労した点 玉崎先生こんにちは。剪定ドットコム楽しくて愛用しています。まだ全部賞状いただけていませんが。昨年花後の選定をサボってしまい、シュートのように強く伸びた枝をそのまま放ったらかしでした。今切るのは時期が良くないのを承知でしたが、時間がなかなかとれないので強行。寒がるでしょうか。今年は寒い冬なので少し心配です。南西の午後からよく日の当たるところです。一番西側の1本が枯れてしまいました。夏の水やりがここだけ極度に足らなかったのか。根がすぐぽろっと上がったので根切り虫か、と思っています。ご近所側がすこしでもましに見えるようにと気をつけましたが、庭側から切り口がたくさん見えてしまっているところが×。太い枝をかなり大胆に切ってしまったのですが生垣の真ん中あたりが穴が開いたようになってしまいました。また、高さは園芸支柱1800をその都度あてて切りました。ちょっとがたがたです。今年の花は諦めて夏前にもう一度切り戻してあげるつもりです。カチっとした生垣にはしたくないのですが、今後のアドバイスをお願いいたします。
玉崎先生の
評価とアドバイス
花を諦めて剪定されてとのこと、よく決断されましたね。なかなかできないことです。
基本的な剪定方法は、よいと思います。

上部は、強く切ってもよいですが、下の方は芽の出方が弱いので加減して切ってください。
そういった意味では、チョットだけ切りすぎな感じがしますね。

・カチっとした生垣にはしたくない

刈り込みバサミを使わずに細い枝を残していきながら、枝の太さを揃えていくことを心がけましょう。
今年出てきた枝を剪定バサミで枝を選びながら切っていきます。


・高さを1800くらいにしたい

レッドロビンは、上部が強く伸びるので、1800くらいにしたい場合は、一度1600くらいに切って小枝を出させます。その後、伸びた小枝で高さを調整しましょう。


・庭側から切り口がたくさん見えてしまっている

剪定バサミを使って切り口が上に向くように切ると、切り口は目立たなくなります。


・生垣の真ん中あたりが穴が開いたようになってしまいました

上部の枝を切って日が内部まで差し込むようになると、小枝が出てきます。
出てきた小枝を穴を塞ぐように誘引してみてください。

各画像をクリックすると、拡大表示されます。
■剪定前
■剪定後