• ホーム
  • 庭木の剪定は誰でも出来る
  • あなただからできる理想の剪定
  • 新しい発想の剪定メソッドです

パソコン用学習ソフト この2本で剪定を完全マスター!

玉崎弘志の剪定教室 基本編

  • 概要
  • 初級
  • 中級
  • 上級

玉崎弘志の剪定教室 花木編

  • 概要
  • 基礎
  • 応用
  • 樹形一覧

松の剪定と仕立て直しをDVDでマスター!

DVD 玉崎弘志の松の剪定と仕立て直し教室

  • 私もオススメします
  • お客様の声
  • Q&A よくあるご質問

ソフトの内容を動画で見る


購入フォーム amazonで購入する 楽天で購入する

でも購入ができます。


  • 時期の剪定情報
  • その他のガーデニング情報
  • 関連サイト
  • ユーザー登録フォーム

梅の生育サイクルからみた剪定

暖冬の影響で、梅の開花が遅くなりそうだと予想されていましたが、ここのところの暖かさによって、例年よりも少し早い開花予想になってきました。

どうして早い開花予想になったの?剪定はどうすればいいの?!
ユーザーの方は、『花木編の「春咲き花木」の「生育サイクル」』を思い出してくださいネ!

梅は「春咲き花木」です。
「春咲き花木」は、翌年の春に開花するための花芽を夏頃につけます。
そして、だんだん寒くなる季節に暖かい日が続いてもその花芽が開花しないように、ある一定の寒い期間は休眠して、春の暖かさを感じることで目覚めて開花するという仕組みを持っています。
暖冬のせいで、目覚めのタイミングが少しずれてしまっているようですね。
寝ぼけまなこかもしれませんが、春爛漫の景色を届けてくれますので楽しみですね!

さて、少し開花のタイミングがずれるかも知れませんが、梅は「春咲き花木」のサイクルを辿っていきますので、満開の花を楽しんだ後、夏頃に出来た花芽が葉に覆われないように、陽を取り込んで風通しを良くするために、枝の1/3程を剪定しましょう。

この時期に、長く伸びた枝を良く見ると枝の下の方にポツポツと花芽らしきものを見つける事ができます。この花芽を確認して、それよりも上の方を剪定するようにします。
そしてまた冬の休眠期が来たら、花芽を切り落とさないように注意して、今度は樹形を意識した剪定をしましょう。

梅は春に花を楽しんで、夏頃は来年の花芽を健康に育てるための剪定をして、冬の休眠期に樹形を造ることを意識して剪定を楽しんでくださいね!


玉崎弘志の剪定教室 花木編についてはこちら

このページが参考になったらソーシャルメディアで共有できます。

logo-hatena
logo-pocket
logo-line